レイチェル・カーソン北海道の会

第142回学習会k、11月24日(木)

第142回学習会は、11月24日(木)
  15時~17時 北大遠友学舎で行います。どうぞご参加ください。
 [時間が少しのびる場合もありますが、17時30分を区切りといたします。
  会場は、20時まで使えます]
<内容>
1.参加各位の近況報告をもとに、意見交換を行います。ご自由にお話し下さい。
2.レイチェル・カーソンの著作・講演録の学習。以下のテキスト「失われた
森」(集英社文庫)をご持参下さい!
  「失われた森」30章「環境の汚染」集英社文庫p332[第3に、放射性物質
による環境汚染は・・・」からp336の最後まで「・・・その様な知性と自由の満
ちた状況においてこそ、私たちは現在の目の前にある難問を解決することができ
ると私は信じています」。

3.その後、次の話題提供をしていただきます。 
☆話題提供 その1:
 中村 由紀男 氏
「関東からの避難者が語る放射能汚染の真実 ~北海道は安全?~」

☆話題提供 その2:
 吉田 武 氏
 「格差社会」

4.その後には、今後の予定、2017年5月25日 レイチェル・カーソン生誕110年記
念行事のことで、引き続き話し合いを行います。

どうぞ、ご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

お元気でご活躍下さい。敬具

2016年11月15日

    近藤 務

 さる10月29日午後10時~「池上彰の世界を変えた「沈黙の春」」のテ
レビ放映[午後10時、BSジャパン[BS 7チャンネルにて]がありました。
名古屋市名城大学での「特別講義」の紹介の形式での録画・放映でした。
 概ね、以下のような展開でした。

1)レイチェル・カーソンの生い立ち。
2)「沈黙の春」 この本の題名の由来:第1章の最初部分の丁寧な朗読を通し
ての紹介。
3)書きあげる流れ、そのきっかけ:DDTの散布ー鳥の死ー悲惨な光景(オル
ガー・ハキンスからの手紙)。
  戦後の日本でのGHQの指示でDDTを殺虫剤として、粉末で人間へ、頭か
ら全身にふりかる光景・・・害は無かった。
  DDT(を油に溶いて)の大量無差別散布、食物連鎖、その結果として人間
への蓄積、母乳を通して子どもに移行。
4)DDT、耐性をもった昆虫の出現。殺虫剤では毒性の強いものが次から次へ
と使われる(ディルドリン、エンドリンなど)。
  突然変異を経て生き延びる害虫が出てくる。多様な生物の存在とこれまでの
バランスがある自然界への攻撃。計り知れない負の影響。
5)レイチェル・カーソンが警鐘を鳴らした。ケネディー大統領もそれを受け止
めて、科学諮問委員会での検討から、禁止の方向へ。
6)1972年アメリカでの使用禁止。しかし。発展途上国での大量使用。農薬の影
響が人間社会にブーメランのように舞い戻ってくる。
7)農薬会社は利益のために、製造を続けそれをひろめことに力を注ぐ。「沈黙
の春」の内容とレイチェルの貢献を否定!。
8)日本 2009年。消費者庁が設立される。
9)日本、有吉佐和子「複合汚染」で、日本での深刻な環境汚染の実態が、国民
に知らされ、理解されるようになる。
  焼却炉での燃焼の過程でのダイオキシンの発生ー大気汚染ー食物に取り込ま
れるー被害の拡大など。
10)環境汚染批判ー行き過ぎもあった。伝統行事の中止など・・・。
11)地球は人間だけのものではない。「自然を征服する」という思想が根強く存
在し、それが行われてきた。
12)人間による、自然への強制:例;杉の広範に植林など・・・  自然の多様
性を無視、それに対して2010年世界での多様性条約・その批准。
13)自然農法、無農薬農法の思考・志向・試行、それに対する困難さも存在。低
農薬農法の普及など。
14)2011年3月11日 日本での環境破壊のとんでんもない事故が起きた。福島の
第一原子力発電所事故。炉心冷却がでなくなった。
水素爆発。「炉心溶融(メルトダウン)」ー池上氏は直接にはこの言葉では語っ
ていないが、福島原発の大事故後の全景が詳しく写されたー、
大量の汚染水の発生。収納タンクの膨大な数(異様な光景)。
15)福島の原発事故では、環境破壊・環境汚染の進行、日本ではそれを克服出来
ていない。2020年の東京オリンピックの時にも作業は継続している。
16)二つの道、わかれ道、高速道路ではない、ひとがあまり通らない別の道を歩
むこと。このことが求められているのではないか。
17)この原発事故については、これからの世代を担う学生のみなさんが、しっか
りとした考えを持ってほしい。

1)原発・電力生産者の利益追求のため、人命を軽視してきたことは、その結果
としての事故である、と思う(一女学生の発言)。
2)再稼働に反対。それに代わる自然エネルギーを利用すべきだ(一女学生の発
言)。
3)エネルギーの使いすぎを改善することも重要(池上氏の発言)。「国立公園
内での地熱発電も好ましくない、状況もある」との紹介も。
4)生き方を変える。そのことを含めて、これから大いに考えて行きましょう
(池上氏の結びの言葉)。

スポンサーサイト
  1. 2016/11/15(火) 21:43:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レイチェル・カーソン北海道の会第141回学習会 10/27

秋も深まり、寒さもつよまってまいりました。
日々の大切なお仕事や貴いご活動でのご尽力まことにご苦労様です。

 北海道での、たび重なる台風による被害などへの災害復旧対策のための調査、農作物の収穫のお仕事、貴重なご研究、より良い世の中を求めての貴い諸活動での日夜のご尽力に敬意を表します。

 レイチェル・カーソン北海道の会の10月27日の学習会・打合わせ会のことでは、まとまった話題提供は難しい状況にあります。
 そのようなわけで当日ご参加で可能な方々での、近況報告はじめ自由な話題提供と今後のことの打ち合わせができまならば有り難いことと考えております。いかがでしょうか。
 お忙しい中、ご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

○自由な話題提供・意見交換:1時間程度。
○これからの取り組みについての討論:30分程度。
○レイチェル・カーソンの精神に立ち戻るための、文献としまして、「沈黙の春」「失われた森」をご持参いただき、その中の一部の朗読:30分程度。
○その他



 レイチェル・カーソン北海道の会第141回学習会
2016年10月27日(木)15:00~17:00 北大遠友学舎(北18条西7丁目)
 内容:
1)参加者による近況報告と自由な話題提供。
2)これからの取り組み、2017年5月 レイチェル・カーソン生誕110年記念の集いに向けての話し合い。
3)レイチェル・カーソンの精神に立ち戻るため、レイチェル・カーソンの著作の一部朗読。
「沈黙の春」(新潮文庫)[第2章]:「負担は耐えねばならぬ」:p21~24。
「失われた森」(集英社文庫)[第30章:環境の汚染]:p332~336。

 皆様のご健康とご活躍をお祈りいたします。敬具

2016年10月13日
         近藤 務 

  1. 2016/10/13(木) 18:38:58|
  2. 予定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第140回 レイチェル・カーソン北海道の会学習会9/29

第140回 レイチェル・カーソン北海道の会学習会9/29

9月29日(木)15:00~17:00 於 北大遠友学舎(札幌市北18条西7丁目)
話題提供
講師 北大名誉教授 戸倉清一・久保木 芳徳 氏
話題
「フクシマ浄化を目指す天然物由来の吸着剤(炭素、キチン、アパタイト、コラーゲン)の開発」
戸倉先生は北大では最高齢の現役研究者と伺っています

話題提供の後に、生誕110年の集いの準備など、打ち合わせをいたします。

2<8月4日の第139回学習会の概要>
講師 久保木 芳徳 氏
話題 「アメリカの貧困」
レイチェル・カーソンの「沈黙の春」が出版された1962年にもう一つの注目すべき本が出版されました。
ミッチェル・*ハリントン*著「*もう一つのアメリカ* : 合衆国の貧困(The other America)」。
  1. 2016/09/11(日) 22:32:08|
  2. 予定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽朗読劇「レイチェル・カーソン物語」と上遠恵子さんのお話し08/20

音楽朗読劇「レイチェル・カーソン物語」と上遠恵子さんのお話し

日時:2016年8月20日 ①13:00~、②18:00~(計2回)
会場:ドラマシアターども(江別市二条2-7-1「JR江別駅下車右手(岩見沢方面)約350m」電話011-384-4011)
料金:2,500円主催:Re:Startmothers

---「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない。子どもは生まれながらにして「センス・オブ・ワンダー:=神秘さ不思議さに目を見はる感性」を持つ。そうしたセンス・オブ・ワンダーをはぐくむには、感動を分かちあってくれる大人がそばにいることが何よりも重要---

上遠恵子さんは、エッセイイスト、レイチェル・カーソン日本協会会長。訳書にレイチェル・カーソン著「センス・オブ・ワンダー」「潮風の下で」「海辺」など。

20160820朗読劇tr

位置図tr


  1. 2016/08/05(金) 08:57:13|
  2. 予定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第139回レイチェル・カーソン北海道の会学習会 8/4(木)15:00~17:00 

第139回レイチェル・カーソン北海道の会学習会
8月4日(木)15:00~17:00 於 北大遠友学舎(札幌市北18条西7丁目)
話題提供
講師 久保木 芳徳 氏
話題 「アメリカの貧困」

話題提供の後に、生誕110年の集いの準備など、打ち合わせをいたします。


138回レイチェル・カーソン北海道の会学習会(2016年6月23日)の概要を報告いたします。
                         2016年7月7日 共同代表 近藤 務 

当日は、10名のご参加の下、充実した学びの場になりました。
(第1部>
最初、参加者の皆さんの日々の生活や、現在抱えている問題など自由に語っていただきました。
また、今年4月に来日された南米のウルグアイの前大統領、ホセ・ムヒカさんのことで、来日時の映像資料があること、「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」の絵本が紹介されました。
この、絵本は、くさばよしみ編、中川学 絵の31ページのもので、31万部以上売れているようです。
「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、いくらあっても満足しないことです。」
人類の幸福とは何か、深く問いかける絵本―2012年、ブラジルのリオネジャネイロで国際会議が開かれました。環境が悪化した地球の未来について、話し合うためでした。世界各国の代表者が順番に意見を述べ、次に壇上に立ったのは南米の小国ウルグアイのムヒカ大統領。質素な背広にネクタイなしのシャツ姿です。給料の大半を貧しい人のために寄付し、公邸には住まず、農場で奥さんと暮らしてイマス。ウルグアイの人々は親しみをこめて“ペペ”と呼んでいます。「より便利で、より豊かで、わたしたちは幸せになったのでしょうか」―世界でいちばん貧しい大統領のスピーチが今、人々の心に広がっています。

<第2部 打ち合わせなど>
1)2016年5月26日レイチェル・カーソン生誕109年の集いから学んだこと。
  第1部:冨塚とも子氏講演「遺伝子組み換え[GM]作物の輸入開始から20年 なぜ、日本人は『世界で一番GM食品を食べている』のか?」 には60名の参加があり、わかりやすく詳しいお話から多くを学びました。多くの質問にも、丁寧に答えてくださいました。第2部:大友詔雄氏講演「原発はいらない、自然エネルギーで行こう!―地域の自然エネルギーを利用して元気な地域を―」には30名以上のご参加があり、原子力に頼らない方向での人類にとっての課題と具体的な展望などを学ぶことができました。両講師に心から感謝いたします。
(アンケートでは、感謝と今後の学ぶことでの要望など、22名から寄せられました。ご協力に感謝します。)

2)オーガニックシアターによる「レイチェル・カーソン物語」江別での上演予定の概要:
①2016年8月19日(金)来道のご予定。
②2016年8月20日(土)午後1時ころ、午後6時ころからの、2回の上演予定。当会は、それに協力の予定。
③8月21日(日)上遠恵子氏との交流会の可能性があります。詳細は未定です。
内容: ~音楽朗読劇「レイチェル・カーソン物語」と上遠恵子さんのお話~
[江別市 ドラマシアターども] 
主催 オーガニックシアター 椿 留美子 氏ほか
 当会では、この取り組みに協賛したいと考えております。
会員の皆様には、出来るところでのご参加をいただけますとありたいです。後日、メールやチラシでご案内させていただきます。

3)当会の今年1年間の計画および生誕110年の記念の集い 成功にむけての準備などについて話し合いました。
<2017年5月 レイチェル・カーソン生誕110年の集い に向けて意見交換覚書(未確定のものです)>
1) 「10年間の歩み」をまとめて、参加者に配布するなど。それの発表もする。
2) 朗読劇、音楽 を取り入れては。
3) 若い方の語り 音楽ライブ。
4) この1年間の例会の課題、その持ち方などの検討をしましょう。例会の話題提供も、生誕110年の記念の集いとの関連でしていただければ、ありがたいです。
5) 当日は、意見の異なる方もまじえての、討論形式での展開もいぎあるのではないでしょうか。
6) 実行員会形式にするなど工夫も。そこに若い息吹を、
7) 「レイチェル・カーソン生誕110年の集い」のテーマは;
例示「今に生きるレイチェル・カーソン」
(1)環境汚染がもたらしている、人類社会への重大な影響と解決への展望
(2)パネルディスカッション:これまでの講師にご参加いただき、討論
(3)(環境問題そのものが持つ)政治との関連性にも視点をあてて、そのことから入る方法もある:具体的には
①こどもの命と健康の保持
②TPPのもつ影響
③住民・市民運動、学習運動
④デンマークでの脱原発:国民に知らせる。
⑤「政治は、日々の私たちの生活とどのように関わっているか。」という問題提起の大切さ
⑥若者の不安要素―行動への契機となっているのではないか。
8)今日の状況に至った歴史的な経過なども検討してみては・・・
(1)愚民化政策―3S政策―
(2)若者の変化
(3)若いお母さんの変化 
(4)考えてもらう運動―知らせる運動の大切さ
これからの話題など 希望の項目:いくつかの事例
○西尾先生のお話:子宮けいがん ○フッ素塗布問題 ○乳がんの問題 ○図書:畝山智香子氏「食品安全情報ブログ」○若い人の団体:○北大:エコチル調査代表[環境省による調査]

  1. 2016/07/07(木) 21:29:26|
  2. 予定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ