レイチェル・カーソン北海道の会 第151回学習会(9/28)

レイチェル・カーソン北海道の会 第151回学習会

日時:9月28日(木)15時~17時~18時
会場:北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18 条西7 丁目)

<15時~16時30分>
 話題提供1:
石狩湾岸の風力発電を考える石狩市民の会の安田秀子さんが 
 風力発電に関連しての問題点、健康被害・環境破壊に関する
まとまったお話をしてくださいます。その内容項目は
1 風力発電とはどういうものか?
2 風力発電所からでる低周波、超低周波による健康被害の実態
3 石狩湾岸の風車群建設による自然環境破壊 
4 風力発電の事故
5 国が進める自然再生可能エネルギー政策
(質問込みで90分を予定しております)

<16時30分~17時>
話題提供2:
 北大名誉教授の久保木芳徳氏が、再生医療研究は、これで良いのか?というこ
とで、現在研究を進めておられることを,お話し下さいます・

テーマは「細胞にも良い環境即ち物理環境を与えることが重要―細胞環境を忘れ
ている再生医療に問題はないか―」
 ヒトの脂肪細胞の培養において、重力場でのシャーレでの試験体をそれの天井
位置に置くことにより、その重力に逆らって、細胞が生きるために、物理的な刺
激により、活性化し、変化(発展)することが見いだされた。いまそれの特許申請
がなされ、それを活用するスポンサーを探しているところとのことでした。

<17時~18時>
<会のことでの打ち合わせ>―少し時間が延びることもありますが、ご了解くだ
さいましょうか。

 久保木氏のお話のあと、今後の予定、12月14日(木)の取り組みのことなど、
相談致しましょう。

 12月14日には、北里環境科学センター理事長の伊藤俊洋先生が,ご講演してく
ださいます。自費で講演に来てくださるとのことでした。


<前回の取り組み>
レイチェル・カーソン第150回学習会(7月27日(木) 15時~17時)
中村由紀男氏が、「関東からの避難者が語る放射能汚染の真実 ~北海道は安
全?~」と題して、詳しい資料を準備して話題提供をしてくださいました。
心から感謝申し上げます。

2017年8月26日
スポンサーサイト

レイチェル・カーソン第150回学習会のご案内(7/27)

レイチェル・カーソン第150回学習会のご案内
日時: 7月27日(木) 15時~17時
会場: 北大遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)

話題提供 中村由紀男氏
「関東からの避難者が語る放射能汚染の真実 ~北海道は安全?~」

皆様のご参加をお待ち致します。
--------------------------------------------------------
前回の第149回学習会の概要報告

話題提供 吉田 武 氏
「東京が壊滅する日ーフクシマと日本の運命」(広瀬 隆著:2015:ダイアモンド社)を参考に
「WHO(世界保健機関)はIAEA(国際原子力機関)との協定「WHA12-40」のために、大切な役割を果たせていない」

***近藤代表がまとめた要旨***
フクシマ第1原子力発電所の事故による 放射能汚染とその重大な影響に関して

―1957年AECが主導して、国連にIAEA(国際原子力機関)が誕生。1959年全世界の人類の健康を守る機関であるはずのWHOがIAEAと協定を結び、放射能汚染調査・対策に役割を果たしていない重大事態の継続!―。
2017年6月22日のレイチェル・カーソン北海道の会第149回学習会での、吉田武氏の話題提供の要旨 

◎地震列島の小さな島国、日本、温暖な気候で周囲を豊かな海に囲まれ,緑豊かな山や森、(田畑を潤すたくさんの)、自然の恵みがいっぱいの平和で美しい日本。

 ●しかしこの国を悪魔に売り渡したのが(元)首相岸 信介、安部首相の祖父である。
 彼は大勢の国民の反対を無視して,放射能の灰を撒き散らす原発を導入した。安心安全を振りまいて・・・
 そして現在原発は,54基が日本国中に設置され、国民は放射能から逃れる事は不可能になりました。

そしてついに2011年3月11日、国民が恐れていた原発事故が発生、最悪の事態の原子炉のメルトダウンがおこり大爆してフクシマを中心に日本国中が高濃度の放射能を帯びた死の灰(*原爆・水爆実験・原発事故起因放射性降下物)に曝されました。

 ●この大震災とフクシマ原発事故で家族を失い,住む家、店舗、会社、田畑。牧畜も失った大勢の被災者に対する国も対応はあまりにも理不尽でした。

 放射能に汚染されて身体のうけたダメージを心配している住民に対して、人々の健康を守るために派遣された長崎大学医学部の山下俊一氏は、驚くべき事に、必要不可欠な“安定ヨウ素剤”の服用は必要ないと断言し、翌日には「放射能の影響は、実はニコニコ笑っている人には来ません、クヨクヨしている人に来ます」と講演している。

 ●事故後、国連のIAEA(国際原子力機構)とICRP(国際放射線防護委員会)は、福島県内ですさまじい安全キャンペーンを行った。 日本もフクシマも安全だ!!と。 日本政府はもちろん、日本のマスメディアはTV・新聞を挙げて、これを公式見解として、フクシマの被災の安全性を喧伝してきた。

 また、原子力シンジケートは、「放射能パニックを沈静化させる」為に、ICRPが日本政府に緊急声明を出した。驚くべき事に、事故の緊急時であるから、年間被曝基準を、20~100ミリシーベルトにするようにと、高い被曝量を安全基準として勧告したのである。

そして、日本政府は、この20ミリシーベルトを国際的スタンダードとして採用することにしたのである。
 今までの被曝限度は、1ミリシーベルトで、チェルノブイリでの共生避難は5ミリシーベルト、放射能マークの立ち入り禁止区域は5.2ミリシーベルト、原子力発電などの労働者が白血病で死亡した時の労災認定基準でも5ミリシーベルトである。そして今、きわめて危険なフクシマの汚染地帯に住民の帰還を促しているのである。

●原子爆弾と原子力発電は“双子の悪魔”(原子力シンジケートは原爆と原発で巨大な冨を独占した)
1942年:「マンハッタン計画」;原子爆弾の製造に向けて具体的にスタートした。
1951~1958年:AEC(米国の原子力エネルギー委員会)、ネバダで97回の空中核実験を行う。
1957年:AECが主導して、国連にIAEA(国際原子力機関)が誕生した。
1959年:全世界の人類の健康を守る機関であるはずのWHOがIAEAと協定を結ぶ。

 この協定によって、IAEAが独占的な原子力の世界的な権威として位置づけられ、WHOは実質的に原子力の分野では、独立した医学調査が禁じられた。この時から、放射能の危険性に関して原子力の推進派のIAEAが、すべての実権を掌握したのである。

 そして、このIAEAを背後でコントロールしているのが、原子力シンジケートのロスチャイルド一族、巨大財閥のロックフェラーとモルガン商会である。また、日本の広島と長崎への原爆投下を勧告した委員会のメンバー6人は、いずれもモルガン商会とロックフェラー財団の関係者であった。(吉田武氏の原文から) *注釈追加。

レイチェル・カーソン第149回学習会のご案内(6/22)

レイチェル・カーソン第149回学習会のご案内(6/22)
レイチェル・カーソン北海道の会

 6月22日(木)15時~17時~ 北大遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)
レイチェル・カーソン第149回学習会のご案内を申し上げます。

○前回の生誕110年の記念の集いの反省と今後の取り組みについて

○話題提供:吉田 武 氏
WHO(世界保健機関)はIAEA(国際原子力機関)との協定「WHA12-40」のために、大切な役割を果たせていない!*
(*「第1章第1条:「世界保健機関の目的は、すべての人々を可能な限り最高の健康水準に導くことである」。第2章 WHOの任務:a) 国際保健事業の指導的且つ調整的機関として活動すること。」)
 吉田氏は、「東京が壊滅する日ーフクシマと日本の運命」(広瀬 隆著:2015:ダイアモンド社)を参考に、話題提供をして下さる予定です。

 皆様のご参加をお待ち致します。皆様のご健康とご活躍をお祈りいたします。

 2017年6月13日
        近藤 務
 
 前回の5月25日(木)13:00~20:30のレイチェル・カーソン生誕110年の集い
は、米道氏の総合司会のもと、沼田氏の開会の挨拶、切明氏による講師のご紹介をうけて、
☆「センス・オブ・ワンダー」のことばをフォークハープの美しい音色にのせての素晴らしい 若菜 直美 氏による演奏。

☆「原発震災から6年 子どもの被曝をどうしますか?」
富塚 とも子 氏 (はかーる・さっぽろ主宰)による詳しく解りやすいご講演

☆「レイチェル・カーソン「沈黙の春」の理念をくらしに生かす」と題しての清末 愛砂 氏(室蘭工業大学大学院工学研究科准教授)のご講演

 それぞれには、50名を越える方々のご参加の下、感動的でかつ多くを学ぶことが できました意義深い集いとなりました。

 レイチェル・カーソン関連の文献・図書・パネル展示、映像資料の上映もなされ、自由な討論なども行われました。20名以上の方からのアンケートが寄せら
れ、また貴 重な寄付も頂きました。

 当日、演奏と講演をしていただきました講師の方々に、深謝申し上げます。
当日ご参加の皆様に、準備・受付や役割をになって下さいました皆様に、心から感謝申し上げます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

レイチェルカーソン生誕110年の集い 05/25

20170525_Rch110チラシ 0331(最終)-1tr2



20170525_Rch110チラシ 0331(最終)-2tr2

レイチェル・カーソン北海道の会総会・第147回学習会のご案内(4月27日)

レイチェル・カーソン北海道の会総会・第147回学習会のご案内(4月27日)

日時:2017年4月27日(木)15:00~17:00~
場所:北大遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)

 2016年度総会議事(15:00~16:00)
○活動報告・会計報告
○2017年度活動予定
○会計報告
○役員・幹事選出

◎打ち合わせ等
1)2017年5月25日レイチェル・カーソン生誕110年記念の集いの成功に向けて
(チラシをご参照ください)
 当日、ご講演をしていただきます3名の講師各位に,心から感謝申し上げます。
 司会、講師紹介、挨拶ではよろしくお願いいたします。
(1)多くの方に知っていただくための取り組み(チラシの普及)
(2)当日の準備・役割など:
①受付
②アンケート
③入会申し込み書・入会・寄付の受付
④映像資料の上映など
⑤くつろぎの場―お茶などの用意
⑥これまでの学習のまとめなど、
⑦パネル・関連図書なの準備
⑧当日の準備資料など(講師からの資料など・・・)
⑨その他

第147回学習会(16:00-17:00)
◎今年の生誕110年の集いの意義などについて
 これまでの歩みの概要報告を含めて15分くらいの話題提供:近藤 務
 添付資料をご参照ください。
◎小島尚三氏による話題提供:
  図書の紹介「寄生虫なき病」(モイセズ・ベラスケス=マノフ著、文藝春
秋、2014) 

 
<第146回学習会の概要報告>
 参加者の皆さんによる、5月25日の取り組のチラシの内容を検討し、ほぼ完成
にいたりその後印刷にまわっています。
 次いで、話題提供では小島 尚三 氏による、マーティン・J・ブレイザー著
「失われてゆく、我々の内なる細菌」(2015年7月発行)―この主題は--人類に多
大の恩恵をもたらした抗生物質は実は人体に「沈黙 の春」をもたらしているの
ではないか! ーについての詳しい内容紹介がありました。地球の生態系を尊重し
ての、抗生物質をできるだけ取らない自然のままでの生き方の重要性を、学ぶこ
とが出来ました。どうも有り難うございました。
当日の内容の詳しい抄録を、後日、小島さんがして下さいます。

付記

レイチェル・カーソン(1962)「沈黙の春」での感動をしたところ一部を紹
介させていただきます。近藤 務(添付ファイルご参照くださいましょうか>

その1  
謝辞(Acknowledgements)から:penguin book.p10 ,line17-26
Finally, I must acknowledge our vast indebtedness to a host of people,
many of them unknown to me personally, who have nevertheless made the
writing of this book seem worth while. These are the people, who first
spoke out against the reckless and irresponsible poisoning of the world
that man shares with all other creatures, and who are even now fighting
the thousands of small battles that in the end will bring victory for
sanity and common sense in our accommodation to the world that surrounds
us.   Rachel Carson

その2
「…私たち自身のことだという意識に目覚めて、みんが主導権を握らなければな
らない.いまのままでいいのか、このまま先へ進んでいいのか。だが、正確な判
断を下すには,事実を十分知らなければならない。ジャン・ロスタンは言う
―<<負担は耐えねばならぬとすれば、私たちには知る権利がある>>。」

その3
「少数の声がきかれないわけではない。数は少なくても、目の澄んだ人はいる。
自分たちは化学者でも、技術屋でもなく、生物学者であることを忘れない人がい
る(青樹訳、p301)。」

その4
私たちは心をもっと高いところに向けるとともに,深い洞察力をもたなければな
らない.

その5
「とにかく,どちらの道をとるか,きめなければならないのは私たちなのだ.長
いあいだ我慢したあげく,とにかく<知る権利>が私たちにもあることを認めさ
せ,人類が意味のない恐るべき危険にのりだしていることがわかったからには,
一刻もぐずぐずすべきではない.毒のある化学薬品をいたるところにまかなけれ
ばならないとい人たちの言葉に耳をかしてはいけない.目を見開き,どういう別
の道があるのか,さがさなければならない」(青樹訳,p322).

その6
……生命にひそむ、この不思議な力など、化学薬品をふりまく人間は考えもしな
い。<高きに心を向けることなく自己満足におちいり>巨大な自然の力にへりく
だることなく、ただ自然をもてあそんでいる」(新潮文庫「沈黙の春」(1964発
行、1998年48刷、青樹訳、p346)。
プロフィール

gistaro

Author:gistaro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR