『宇宙生命哲学』事始め 12/14

レイチェル・カーソン北海道の会
特別講演会

講師:伊藤 俊洋氏(一般財団法人北里環境科学センター理事長)

演題:『宇宙生命哲学』事始め >〜我々は何処から来たのか、いま、何処にいるのか、
そして地球環境核戦争が始まった〜


人類は原子核の崩壊から膨大なエネルギーが得られることを知ったが、それは直に兵器として利用された。その後、原子力発電技術が平和利用と称して開発されたが、そこから排出される大量の放射性生成物は地球環境システムとは相いれず、科学的に無害化することもできない。これは“地球環境核戦争”言える状況である。
一方、地球上の総ての生命現象は化学反応=電子雲(超高速で動く電子の軌道域)の変化として捉えられる。人間の精神活動も生命現象の一つであり、政治、経済、文化等も基本的には電子雲の変化である。
地球環境核戦争の本質を理解し、電子雲の中に隠されている人類の文明の未来を志向するとき、【宇宙生命哲学】が見えてくる。

日時:2017年12月14日(木) 15:00~17:30(入場無料、事前申込み不要)
懇談会 18:00~(会費1,000円)
会場:北海道大学遠友学舎
(札幌市北区北18条西7丁目、地下鉄北18条駅下車徒歩8分)

伊藤俊洋(いとうとしひろ)先生のプロフィール
1964 山梨大学工学部発酵生産学科ご卒業
同年 4月北里大学衛生学部化学科に着任、助手、専任講師,助教授を経て
1987 教養部教授(化学担当),その後、一般教育部長,副学長
1975 農学博士(名古屋大学)
1978 ~1980 米国・イエール大学医学部神経化学教室へ留学
2006 北里大学を定年退職、(一財)北里環境科学センター理事長就任
2007〜8 第27代日本油化学会会長、2012年4月より同会名誉会員
2016 極限環境生物学会副会長、中国瀋陽薬科大学客員教授
2017 日本・中国国際写真交流協会顧問
著作物、油化学辞典(編・分担執筆、丸善)など多数
生涯の研究テーマ『宇宙における生命の起源と進化、人類文明の起源と進化、その未来』

問合せ:沼田☎080-3265-4362 yummie624@hotmail.co.jp
スポンサーサイト

『宇宙生命哲学』事始め 12/14

特別講演会20171214案内

レイチェル.カーソン北海道の会 第152回学習会のお知らせ 10/26

レイチェル.カーソン北海道の会 第152回学習会のお知らせ 10/26

期日 10月26日(木) 15:00~17:00(~以後 自由参加)
場所 北大遠友学舎 (札幌市北区北18条西7丁目)

話題提供 15:00~16:30
川村佳以知氏 (家庭栄養研究会)
「認知症予防の食事と生活」

内容
脳を知ろう
海馬とは
短期記憶と長期記憶
睡眠は記憶を整理する
情動は脳を活性化する-感動する心を失ってはいけない
認知症予防は生活改善から
世界と日本の疫学研究から-イギリス・福島県久山町
脳を活性化する和食
地中海食とマインド食
これだけは避けよう
認知症予防には運動
睡眠とストレス解消
脳を活性化する思い出話

16:30~17:00 質疑応答
-------------------

前回の学習会の要旨

第151回学習会 9月28日
安田秀子氏(石狩湾岸の風力発電を考える石狩市民の会)
大型風力発電施設の問題点- 健康被害を中心に

音の性質、耳の構造、周波数による生体反応の違い等の基礎知識から、石狩湾新港や静岡県東伊豆町での被害状況や風車停止後の被害改善についてデータを基に詳しく説明がありました。

レイチェル・カーソン北海道の会 第151回学習会(9/28)

レイチェル・カーソン北海道の会 第151回学習会

日時:9月28日(木)15時~17時~18時
会場:北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18 条西7 丁目)

<15時~16時30分>
 話題提供1:
石狩湾岸の風力発電を考える石狩市民の会の安田秀子さんが 
 風力発電に関連しての問題点、健康被害・環境破壊に関する
まとまったお話をしてくださいます。その内容項目は
1 風力発電とはどういうものか?
2 風力発電所からでる低周波、超低周波による健康被害の実態
3 石狩湾岸の風車群建設による自然環境破壊 
4 風力発電の事故
5 国が進める自然再生可能エネルギー政策
(質問込みで90分を予定しております)

<16時30分~17時>
話題提供2:
 北大名誉教授の久保木芳徳氏が、再生医療研究は、これで良いのか?というこ
とで、現在研究を進めておられることを,お話し下さいます・

テーマは「細胞にも良い環境即ち物理環境を与えることが重要―細胞環境を忘れ
ている再生医療に問題はないか―」
 ヒトの脂肪細胞の培養において、重力場でのシャーレでの試験体をそれの天井
位置に置くことにより、その重力に逆らって、細胞が生きるために、物理的な刺
激により、活性化し、変化(発展)することが見いだされた。いまそれの特許申請
がなされ、それを活用するスポンサーを探しているところとのことでした。

<17時~18時>
<会のことでの打ち合わせ>―少し時間が延びることもありますが、ご了解くだ
さいましょうか。

 久保木氏のお話のあと、今後の予定、12月14日(木)の取り組みのことなど、
相談致しましょう。

 12月14日には、北里環境科学センター理事長の伊藤俊洋先生が,ご講演してく
ださいます。自費で講演に来てくださるとのことでした。


<前回の取り組み>
レイチェル・カーソン第150回学習会(7月27日(木) 15時~17時)
中村由紀男氏が、「関東からの避難者が語る放射能汚染の真実 ~北海道は安
全?~」と題して、詳しい資料を準備して話題提供をしてくださいました。
心から感謝申し上げます。

2017年8月26日

レイチェル・カーソン第150回学習会のご案内(7/27)

レイチェル・カーソン第150回学習会のご案内
日時: 7月27日(木) 15時~17時
会場: 北大遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)

話題提供 中村由紀男氏
「関東からの避難者が語る放射能汚染の真実 ~北海道は安全?~」

皆様のご参加をお待ち致します。
--------------------------------------------------------
前回の第149回学習会の概要報告

話題提供 吉田 武 氏
「東京が壊滅する日ーフクシマと日本の運命」(広瀬 隆著:2015:ダイアモンド社)を参考に
「WHO(世界保健機関)はIAEA(国際原子力機関)との協定「WHA12-40」のために、大切な役割を果たせていない」

***近藤代表がまとめた要旨***
フクシマ第1原子力発電所の事故による 放射能汚染とその重大な影響に関して

―1957年AECが主導して、国連にIAEA(国際原子力機関)が誕生。1959年全世界の人類の健康を守る機関であるはずのWHOがIAEAと協定を結び、放射能汚染調査・対策に役割を果たしていない重大事態の継続!―。
2017年6月22日のレイチェル・カーソン北海道の会第149回学習会での、吉田武氏の話題提供の要旨 

◎地震列島の小さな島国、日本、温暖な気候で周囲を豊かな海に囲まれ,緑豊かな山や森、(田畑を潤すたくさんの)、自然の恵みがいっぱいの平和で美しい日本。

 ●しかしこの国を悪魔に売り渡したのが(元)首相岸 信介、安部首相の祖父である。
 彼は大勢の国民の反対を無視して,放射能の灰を撒き散らす原発を導入した。安心安全を振りまいて・・・
 そして現在原発は,54基が日本国中に設置され、国民は放射能から逃れる事は不可能になりました。

そしてついに2011年3月11日、国民が恐れていた原発事故が発生、最悪の事態の原子炉のメルトダウンがおこり大爆してフクシマを中心に日本国中が高濃度の放射能を帯びた死の灰(*原爆・水爆実験・原発事故起因放射性降下物)に曝されました。

 ●この大震災とフクシマ原発事故で家族を失い,住む家、店舗、会社、田畑。牧畜も失った大勢の被災者に対する国も対応はあまりにも理不尽でした。

 放射能に汚染されて身体のうけたダメージを心配している住民に対して、人々の健康を守るために派遣された長崎大学医学部の山下俊一氏は、驚くべき事に、必要不可欠な“安定ヨウ素剤”の服用は必要ないと断言し、翌日には「放射能の影響は、実はニコニコ笑っている人には来ません、クヨクヨしている人に来ます」と講演している。

 ●事故後、国連のIAEA(国際原子力機構)とICRP(国際放射線防護委員会)は、福島県内ですさまじい安全キャンペーンを行った。 日本もフクシマも安全だ!!と。 日本政府はもちろん、日本のマスメディアはTV・新聞を挙げて、これを公式見解として、フクシマの被災の安全性を喧伝してきた。

 また、原子力シンジケートは、「放射能パニックを沈静化させる」為に、ICRPが日本政府に緊急声明を出した。驚くべき事に、事故の緊急時であるから、年間被曝基準を、20~100ミリシーベルトにするようにと、高い被曝量を安全基準として勧告したのである。

そして、日本政府は、この20ミリシーベルトを国際的スタンダードとして採用することにしたのである。
 今までの被曝限度は、1ミリシーベルトで、チェルノブイリでの共生避難は5ミリシーベルト、放射能マークの立ち入り禁止区域は5.2ミリシーベルト、原子力発電などの労働者が白血病で死亡した時の労災認定基準でも5ミリシーベルトである。そして今、きわめて危険なフクシマの汚染地帯に住民の帰還を促しているのである。

●原子爆弾と原子力発電は“双子の悪魔”(原子力シンジケートは原爆と原発で巨大な冨を独占した)
1942年:「マンハッタン計画」;原子爆弾の製造に向けて具体的にスタートした。
1951~1958年:AEC(米国の原子力エネルギー委員会)、ネバダで97回の空中核実験を行う。
1957年:AECが主導して、国連にIAEA(国際原子力機関)が誕生した。
1959年:全世界の人類の健康を守る機関であるはずのWHOがIAEAと協定を結ぶ。

 この協定によって、IAEAが独占的な原子力の世界的な権威として位置づけられ、WHOは実質的に原子力の分野では、独立した医学調査が禁じられた。この時から、放射能の危険性に関して原子力の推進派のIAEAが、すべての実権を掌握したのである。

 そして、このIAEAを背後でコントロールしているのが、原子力シンジケートのロスチャイルド一族、巨大財閥のロックフェラーとモルガン商会である。また、日本の広島と長崎への原爆投下を勧告した委員会のメンバー6人は、いずれもモルガン商会とロックフェラー財団の関係者であった。(吉田武氏の原文から) *注釈追加。
プロフィール

gistaro

Author:gistaro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR