レイチェル・カーソン北海道の会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第142回学習会k、11月24日(木)

第142回学習会は、11月24日(木)
  15時~17時 北大遠友学舎で行います。どうぞご参加ください。
 [時間が少しのびる場合もありますが、17時30分を区切りといたします。
  会場は、20時まで使えます]
<内容>
1.参加各位の近況報告をもとに、意見交換を行います。ご自由にお話し下さい。
2.レイチェル・カーソンの著作・講演録の学習。以下のテキスト「失われた
森」(集英社文庫)をご持参下さい!
  「失われた森」30章「環境の汚染」集英社文庫p332[第3に、放射性物質
による環境汚染は・・・」からp336の最後まで「・・・その様な知性と自由の満
ちた状況においてこそ、私たちは現在の目の前にある難問を解決することができ
ると私は信じています」。

3.その後、次の話題提供をしていただきます。 
☆話題提供 その1:
 中村 由紀男 氏
「関東からの避難者が語る放射能汚染の真実 ~北海道は安全?~」

☆話題提供 その2:
 吉田 武 氏
 「格差社会」

4.その後には、今後の予定、2017年5月25日 レイチェル・カーソン生誕110年記
念行事のことで、引き続き話し合いを行います。

どうぞ、ご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

お元気でご活躍下さい。敬具

2016年11月15日

    近藤 務

 さる10月29日午後10時~「池上彰の世界を変えた「沈黙の春」」のテ
レビ放映[午後10時、BSジャパン[BS 7チャンネルにて]がありました。
名古屋市名城大学での「特別講義」の紹介の形式での録画・放映でした。
 概ね、以下のような展開でした。

1)レイチェル・カーソンの生い立ち。
2)「沈黙の春」 この本の題名の由来:第1章の最初部分の丁寧な朗読を通し
ての紹介。
3)書きあげる流れ、そのきっかけ:DDTの散布ー鳥の死ー悲惨な光景(オル
ガー・ハキンスからの手紙)。
  戦後の日本でのGHQの指示でDDTを殺虫剤として、粉末で人間へ、頭か
ら全身にふりかる光景・・・害は無かった。
  DDT(を油に溶いて)の大量無差別散布、食物連鎖、その結果として人間
への蓄積、母乳を通して子どもに移行。
4)DDT、耐性をもった昆虫の出現。殺虫剤では毒性の強いものが次から次へ
と使われる(ディルドリン、エンドリンなど)。
  突然変異を経て生き延びる害虫が出てくる。多様な生物の存在とこれまでの
バランスがある自然界への攻撃。計り知れない負の影響。
5)レイチェル・カーソンが警鐘を鳴らした。ケネディー大統領もそれを受け止
めて、科学諮問委員会での検討から、禁止の方向へ。
6)1972年アメリカでの使用禁止。しかし。発展途上国での大量使用。農薬の影
響が人間社会にブーメランのように舞い戻ってくる。
7)農薬会社は利益のために、製造を続けそれをひろめことに力を注ぐ。「沈黙
の春」の内容とレイチェルの貢献を否定!。
8)日本 2009年。消費者庁が設立される。
9)日本、有吉佐和子「複合汚染」で、日本での深刻な環境汚染の実態が、国民
に知らされ、理解されるようになる。
  焼却炉での燃焼の過程でのダイオキシンの発生ー大気汚染ー食物に取り込ま
れるー被害の拡大など。
10)環境汚染批判ー行き過ぎもあった。伝統行事の中止など・・・。
11)地球は人間だけのものではない。「自然を征服する」という思想が根強く存
在し、それが行われてきた。
12)人間による、自然への強制:例;杉の広範に植林など・・・  自然の多様
性を無視、それに対して2010年世界での多様性条約・その批准。
13)自然農法、無農薬農法の思考・志向・試行、それに対する困難さも存在。低
農薬農法の普及など。
14)2011年3月11日 日本での環境破壊のとんでんもない事故が起きた。福島の
第一原子力発電所事故。炉心冷却がでなくなった。
水素爆発。「炉心溶融(メルトダウン)」ー池上氏は直接にはこの言葉では語っ
ていないが、福島原発の大事故後の全景が詳しく写されたー、
大量の汚染水の発生。収納タンクの膨大な数(異様な光景)。
15)福島の原発事故では、環境破壊・環境汚染の進行、日本ではそれを克服出来
ていない。2020年の東京オリンピックの時にも作業は継続している。
16)二つの道、わかれ道、高速道路ではない、ひとがあまり通らない別の道を歩
むこと。このことが求められているのではないか。
17)この原発事故については、これからの世代を担う学生のみなさんが、しっか
りとした考えを持ってほしい。

1)原発・電力生産者の利益追求のため、人命を軽視してきたことは、その結果
としての事故である、と思う(一女学生の発言)。
2)再稼働に反対。それに代わる自然エネルギーを利用すべきだ(一女学生の発
言)。
3)エネルギーの使いすぎを改善することも重要(池上氏の発言)。「国立公園
内での地熱発電も好ましくない、状況もある」との紹介も。
4)生き方を変える。そのことを含めて、これから大いに考えて行きましょう
(池上氏の結びの言葉)。

スポンサーサイト
  1. 2016/11/15(火) 21:43:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会のお誘いです11/26(木)



 学習会は15時から17時の2時間程度です。また、17時から19時にかけては、これからの予定についての打ち合わせやご参加の方の自由な話題もいただいての懇談を行っております。学習会だけの参加もできますし、引き続く懇談はその時々のホットな話題もでます。どうぞごお気軽にご参加ください。

日時: 2015年11月26日(木)15時から最長20時まで
場所: 北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)

【 学習会 】 15:00〜17:00
(1) 書籍紹介:米道 博 さん
      『レイチェル・カーソンはこう考えた』 多田 満 著
      ちくまプリマー新書 2015/09/07発行 本体780円+税

(2) ホットな話題による懇談
 10月の学習会では、参加の方から近況報告をしていただきました。次か次から出るホットな話題や最近読んだ本の紹介などで時間がオーバーするほどでした。今回は時間をとっていますのでホットなお話などをお待ちしています。
  1. 2015/11/22(日) 22:47:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会4月23日(木)15時から

 レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会。
 学習会は15時から17時の2時間程度です。また、17時から19時にかけては、これからの予定についての打ち合わせやご参加の方の自由な話題もいただいての懇談を行っております。学習会だけの参加もできますし、引き続く懇談はその時々のホットな話題もでます。どうぞごお気軽にご参加ください。


日時: 2015年4月23日(木)15時から最長20時まで
場所: 北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)


【 学習会 】
「失われた森」(レイチェル・カーソン遺稿集、リンダ・リア編、古草秀子訳、集英社文庫)
 第4部 第31項「ドロシー・フリーマンへの手紙[1963]」
 解説担当 小島 尚三 さん


 2012年9月から始めた「失われた森」の学習がいよいよ最終章を迎えました。最終章は、レイチェルがメイン州サウスポートに別荘を建てから亡くなるまでの12年間にわったて交友の続いたドロシー・フリーマンに出した手紙です。ドロシーは、レイチェルが別荘を建てるというニュースを新聞で読んで、歓迎の手紙を書いたというのが交友の始まりだったようです。


 レイチェルとドロシーの別荘はご近所でしたが、レイチェルはワシントン郊外、ドロシーはボストン郊外に家があったために普段は文通をしていました。


 ドロシーへの最後の手紙は、翌年1964年の3月だったそうです。手紙は12年間で1,000通を越えるもので、単純計算だと1週間に1.6通にもなります(12×52=624週)。別荘に居るときは会えるので、その分を考えると随分と筆まめだったんですね。


 カーソンの追悼ミサで披露されたこの手紙、小島さんがどのようにまとめられるか楽しみです。




【 前回の学習例会報告 】 2015年3月26日(木)
1. 話題提供:「私が難病にかかり、西洋医学の治療を受け、そこから抜け出した経過について(抜け出せた理由)」 講演担当  渡辺 明さん


 渡辺さんは、金融の仕事をされていた45歳のときに難病の潰瘍性大腸炎を発症して苦しみました。原因は、食生活とストレスだったそうです。治らない病気などは絶対ないという強い意志で試行錯誤し、玄米と野菜を中心とした食事で薬を減らし止めることができました。


 現代の便利な生活が人間の健康を阻害する原因を大量に作り出していると考え、不便ではあるが自給自足の生活をすることを決意したそうです。そして、由仁町に住宅を借りて農業をはじめ、健康の維持を実践しています。


 講演の概要は、つぎのとおりです。
1.1 私が難病にかかり、西洋医学の治療を受け、そこから抜け出した経過について
(1) 私の難病 潰瘍性大腸炎
(2) 発病までの経過
(3) 難病治療期間の実態は
(4) 対症療法からの脱却にもがく
(5) マクロビオテックとの出会い
(6) 職場を退職し、農業の道へ
(7) これからの計画
1.2 私の健康を維持するための日常生活について
(1) 食事療法
(2) 農作業療法
(3) 生き方、考え方を全面的に変えました
1.3 最終的な結論
1.4 資料
(1) 健康、病気とはなんでしょうか? / 健康 / 病気 / 未病
(2) 難病の種類と患者数の推移
(3) 自らも潰瘍性大腸炎を克服した西本真司石の考える原因と治療法




2.「失われた森」 第4部 第30項「環境の汚染[1963]」 解説担当 近藤 務 さん
 近藤さんは、これまで3回この章を学ばれたそうでです。「その都度、レイチェル・カーソンがサンフランシスコのカイザー病院グループ主催の年次シンポジウム基調講演に、いかに深い思いを込めた周到な準備をされてのぞまれたかを、ひしひしと感じます。」と解説をはじめられました。


 「環境の汚染」を学ぶでは、レイチェルの基調演説を41の項目に整理し、重要な部分を主にお話をされました。また、環境・環境権・進化論などの用語についても資料を示され説明されました。詳細は、別添のファイルをご覧ください。


3. 次回からの学習テキスト
 4月で「失われた森」をテキストにした学習が終わります。5月はレイチェル・カーソン生誕108年の集いがあるので学習会はなし。6月からの学習会で何をテキストにしたらよいかと検討中ですが、なかなかよい案が出てきません。これと思われるテキストがありましたら、どうぞ、提案をお願いします。


4. 別添のファイル
 近藤さんの学習会資料は、宅ファイル便にアップしましたのでダウンロードしてご覧ください。
ダウンロードは2015年04月05日 15時31分まで可能です。ファイルサイズは230KBあります。
https://free.filesend.to/filedn_infoindex?rp=42e5915032a0a49526def9ccb4b8238o


5. お知らせ
 学習会資料などは、メールングリストによる配信とは別に、別添ファイルがあることをお知らせをしたうえで、各会員の皆さんがダウンロードする「宅ファイル便」での配信にしています。


 「宅ファイル便」の受け取り方法がわからない方、色々やったけど受け取れない方は、「宅ファイル便」が受け取れないとメールをください。返信の添付ファイルでお送りします。


 なお、「宅ファイル便」は、アップロードしてから72時間のダウンロード可能期間が設定されており、期間以後のダウンロードはできませんのでご了承ください。
  1. 2015/04/03(金) 09:10:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会のお誘い 11月27日(木)15時から

レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会のお誘い

 学習会は15時から17時の2時間程度です。また、17時から19時にかけては、これからの予定についての打ち合わせやご参加の方の自由な話題もいただいての懇談を行っております。学習会だけの参加もできますし、引き続く懇談はその時々のホットな話題もでます。どうぞごお気軽にご参加ください。

日時: 2014年11月27日(木)15時から最長20時50分まで
場所: 北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)

<学習会>
「失われた森」(レイチェル・カーソン遺稿集、リンダ・リア編、古草秀子訳、集英社文庫)
 第3部 第26項「明日のための寓話」 
 解説担当 美馬 真宏 さん

 『沈黙の春』は「アメリカの奥深くわけ入ったところに、ある町があった」という書き出しの「明日のための寓話」からはじまります。えたいの知れない暗雲が町に忍び寄り、すべてが変わりはじめました。
 私は、NHK-BSの Once upon a time というドラマが好きで見ています。両者の「ある町」がとっても似ています。そしてドラマの中で、強力な魔力を持つ闇の王ルンペルシュテイルツキンが「どんな魔法にも対価が付き物 All magic comes with a price.」と言っ切っています。 「魔法と対価」です。
 さて、現実のアメリカの町で春の声を沈黙させたのは、いったい何だったのでしょう? レイチェルの『沈黙の春』がそれを説明するためのものだったようです。
 美馬さんのお話が楽しみです。
 
<前回の学習例会報告> 2014年10月23日(木)
「失われた森」 第3部 第25項「生物学を理解するために/『アニマル・マシーン』への序文」 解説担当 星野 フサさん
 現在、沼田さんが星野さんのお話をまとめてくださっていますので、もう少し時間を下さい。
  1. 2014/11/02(日) 18:01:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2部 第14項「ディ氏の解任」

10月24日(木) 18:15~20:50 北海道大学遠友学舎(札幌市北区民センター:北18条西7丁目)
「失われた森」(レイチェル・カーソン遺稿集、集英社文庫)
 第2部 第14項「ディ氏の解任」        
 解説 沼田 勇美 氏

 書かれた当時のアメリカの時代背景についてのご紹介もまじえて、また、
「失われた森」の編集者のリンダ・リアによる原書もたどりつつ詳しい解説をしていただけるものと、楽しみです。

レイチェル・カーソン北海道の会の皆様
学習会ご参加の皆様
日頃お力添えをいただいている皆様

 秋らしい気候になってまいりました。
皆様、お元気でご活躍のことと存じます。

 2011年3月11日の大地震と津波による大震災の重大な影響は現在も継続
しており、
また福島第一原子力発電所事故は、膨大な量の放射性物質の放出を伴い、その後
も収束することなく、
長期にわたる放射能汚染の深刻な被害と重大な影響が続いております。
放射性元素で強く汚染された水「汚染水」、汚染された地下水の流出も続いてい
ます。
 放射性物質による汚染水の流出を止めるための、
日本の英知、世界の英知を集めての、本格的な対策が本当に急がれています。
2013年9月7日のIOC総会での安倍首相の発言、「状況はコントロールさ
れている」
「汚染水の影響は原発の港湾内で完全にブロックされている」には、
重大な間違いがあるとの批判が国の内外から出ています。


 レイチェル・カーソン「失われた森」の学習会のご案内を申し上げます。
 時間帯は、夜 午後6時15分からの開会ということです。どうぞごりゅうい
ください。

皆様のご参加をお待ちいたします。

 前回の9月26日(木)は、テキスト:レイチェル・カーソン著「失われた森」(集英文庫)
 第2部12「受賞の言葉」、13「自然を描く意図」について、関根達夫氏が詳しい解説をしてくださいました。
レイチェル・カーソンが科学と文学とを別々に考えるのではなく、生命の尊重こそを基調にして、
地球史のなかで育まれた生命、環境と相互に関係し合う中での生態系の進化を、
豊かな感性をもって科学し、さらに文学として著作で表現したこと、
また科学を、その内容を多くの人々に解りやすくし、大いに普及することの大切さなど、あらためて深く学ぶ機会となりました。
準備された関根氏に感謝いたします。
 当日は、来年度のレイチェル・カーソン生誕107年の集いの準備など、2015年3月ころまでの、予定などを話し合いました。
毎月、第4木曜日を中心に、「失われた森」の学習を継続しつつも、
時々に、シンポジウム、あるいはお聞きしたい方の講演など、皆様のご希望をいれて、今後決めて行こうという事を確認いたしました。
レイチェル・カーソン生誕107年の集いは2014年5月22日(木)を一案として予定しました。


9月26日 (木) 14:00~20:50
「失われた森」第2部12「受賞の言葉」13「自然を描く意図」 関根 達夫 氏

10月24日(木) 18:15~20:50 「
失われた森」 第2部 第14項「ディ氏の解任」         沼田 勇美 氏

11月28日(木) 14:00~20:50
「失われた森」第2部15項『われらをめぐる海』第2版の序文」 小島 尚三 氏

12月12日(木) 14:00~20:50
「失われた森」第3部 第16項「たえず変貌するわれらの海辺」 近藤 務 氏

近藤 務
E-Mail:j59e6t@bma.biglobe.ne.jp
TEL:011-375-3454 北広島市西の里東2-11-22
  1. 2013/10/04(金) 12:45:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。