レイチェル・カーソン北海道の会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月27日(木)は沼田勇美様によります、図書「失われた森」について

レイチェル・カーソン北海道の会の皆様
学習会ご参加の皆様
お力添えいただいています皆様

 秋も深まり、寒さも次第にましてまいりました今日この頃、お見舞い申し上げ
ます。
皆様、お元気でおれらましょうか。

 さる9月21日には、レイチェル・カーソン日本協会 原 強 様から、当会に
DVD30枚が寄贈されました。
 これは、「沈黙の春」出版50年記念として1988年~2007年に発行された、レ
イチェル・カーソン日本協会(JRCC@mb6.seikyou.ne.jp)の会報を
記録保存することを目的にPDF化しデータ保存したDVDであります。
 当会では、心からの感謝を込めてこの貴重な記念の資料を拝受させていただき
まして、今後活用させていただくつもりであります。
原 強 様はじめ関係各位の長期にわたります尊いご活動ならびにご尽力対しま
して、敬意を表し感謝を申し述べさせていただきます。

 当会では、このDVDを当会へのカンパをかねて500円でおわけさせていただきた
く存じます。ご希望の方はどうぞお申し出ください。
9月27日の学習の集いでも、紹介されまして参加者の多くが入手されました。

さて、レイチェル・カーソン著作「海の中」学習の集いにどうぞご参加ください
ますようご案内申し上げます。

10月25日(木)
 18:15-20:40 
 北海道大学遠友学舎(北18条西7丁目) 
「失われた森  レイチェル・カーソン遺稿集」
 第3章「私の好きな楽しみ」
 解説ご担当:岡部 賢二 様

(集英文庫、880円、370頁)をテキストにして学習いたします。

9月27日(木)は沼田勇美様によります、図書「失われた森」についての特徴
などをまとめてお話ださり、
また、第1章については、沼田様の海洋調査などご専門分野の貴重な経験を交え
て解りやすく解説してくださいました。
私たちは、多くを学ぶことができ、さらに読み進め学びたいとの気持ちが湧いて
まいりました。
どうもありがとうございました。

 そのあと、美馬真宏様が「長倉洋海『私のフォト・ジャーナリズム』(平凡社
新書/2010)」を読んで、強く印象に残ったところを、詳しく抄録してくださり、
文章にまとめて資料としてわたしてくださいました。そうして、それらを心を込
めて話して下さり、参加者は多くをまなぶことができました。ありがとうござい
ました。

 10月25日は、岡部様にお話をしていただけます。
皆様には、ご参加くださいますようご案内申し上げます。
気温変化も大きい頃ですので、くれぐれもご健康に留意されご活躍ください。敬具 

2012年10月11日
              近藤 務


 下記には、「失われた森」の目次とご担当を記述させていただきます。
 その目次を同図書から引用し、示します。
                     (   )ご担当をいれさせてい
ただきます。

<第1部>
1.海のなか 1937      (沼田勇美様):9月27日を予定しております
2.私の好きな楽しみ 1922  (岡部賢二様):9月27日を予定しております
3.野生生物のための闘い/チェサピーク湾のウナギはサルガッソー海をめざす
(児玉 諭様)
 1928
4.自然界の空のエース 1944
5.鷹の道 1945
6.思い出の島 1946
7.マッタムスキート―国立野生生物保護区 1947

<第2部>
8.『潮風の下で』に関するイールズ夫人宛てのメモ 1942ころ
9.失われた世界――島の試練 1949
10.「本と著者の昼食会」での講演 1951
11.クロード・ドビッシー作曲『海』のアルバム解説 
   ナショナル交響楽団のための慈善昼食会での講演 1951
12.全米図書賞受賞の言葉 1952
13.自然を描く意図 1952
14.ディ氏解任 1952
15.『われらをめぐる海』第2版の序文 1961

<第3部>
16.たえず変貌するわれらの海辺 1958
17.野外観察ノートから 1950
18.海辺 1953
19.われらをめぐる現実の世界 1954
20.生物科学について 1956
21.フリーマン夫妻への二通の手紙 1956
22.失われた森――ポック夫妻への手紙 1956
23.雲 1957

<第4部>
24.消えゆくアメリカ人 1959
25.生物学を理解するために 1960 /『アニマル・マシン』への序文 1964
26.明日のための寓話 1962
27.全米女性記者クラブでの講演 1962
28.『沈黙の春』のための新しい章 1963
29.ジョージ・クライル・ジュニアへの手紙 1963
30.環境の汚染 1963
31.ドロシーフリーマンへの手紙 1963
 
 学習テキスト
「失われた森」(レイチェル・カーソン遺稿集;リンダ・リア編、集英社文
庫:880円税込)、
各章の担当者を決めて、毎回1~2章づつ進めるとうことで、進めたいと考えま
す。

 
 
--
近藤 務
スポンサーサイト
  1. 2012/10/12(金) 06:07:58|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京新聞が、10月21日 社説で「重大な汚染と危険を孕む原発推進の問題とレイ | ホーム | 10月25日(木)「失われた森  レイチェル・カーソン遺稿集」第3章「私の好きな楽しみ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gisjirou.blog.fc2.com/tb.php/17-a73526ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。