レイチェル・カーソン北海道の会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学習会および打ち合わせ会(幹事会)のご案内12/12

レイチェル・カーソン北海道の会
学習会および打ち合わせ会(幹事会)のご案内

 2013年12月4日
              近藤 務



12月12日(木)北大遠友学舎
<学習会> 
「失われた森」16「たえず変貌するわれらの海辺」(1958)
 14:00~16:00
 解説担当 近藤 務
 素晴らしい訳文(古草秀子氏訳)にそって、レイチェル・カーソンの自然描写、
自然を慈しむ心を、できるだけつぶさに学ぶことに力点をおきたいと考えております。

<打ち合わせ・事務作業など>
 16:00~17:15
 新年の活動予定・生誕107年記念の集いの準備など。             
<休憩・懇談・夕食など>
 18:15~20:00 幹事会
1.札幌市への市民まちづくり活動促進基金登録申請書の提出に関連しての審議
1)経過報告
2)関連しての、会の規約の一部変更について
3)その他 

<前回のご報告>
 前回 11月28日の取り組みの概要報告
1.学習会
「失われた森」15項「「われらをめぐる海」第2版の序文」の学習。
 小島 尚三氏による、詳しい解説。

海洋に関する科学的な知見を集約して、「われらをめぐる海」の序文(1961)では、
一部時代遅れになった記述を、注釈の形であらため、さらに、「人間による自然の略奪が進んできたこと、放射性廃棄物の海洋への不法投棄という重大問題について解説し、放射性物質が海の食物連鎖や 生態系を汚染し続ければ,どんな未来が待ち受けているか、その恐怖を訴えています。
 小島氏は、これらをインターネット情報も活用され、より詳細に解りやすく示してくださいました。

2.打ち合わせ会・幹事会
1)新年の予定が内定しました。2014年1月23日(木)、2月27日(木)、3月27日(木)、
  いずれも15:00~21:00、北大遠友学舎談話コーナー1
  学習は、「失われた森」の17,18,19を順次すすめることを中心に内定しました。
2)幹事会では、会の規約を改定しました。21名の幹事会となり、共同代表3名、副代表4名となりました。
3)札幌市への市民まちづくり活動促進基金登録申請書の提出を承認しました。(12月2日に提出しました)
スポンサーサイト
  1. 2013/12/05(木) 07:07:38|
  2. 予定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<札幌市より「さぽーとほっと基金」の団体登録承認(2013/12/12) | ホーム | 学習例会 2013年11月28日(木)午後2時~4時>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gisjirou.blog.fc2.com/tb.php/63-84669afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。