レイチェル・カーソン北海道の会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会2015/01/22

レイチェル・カーソン北海道の会 の皆様

あけまして おめでとう ございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会のお誘いです。
 学習会は15時から17時の2時間程度です。また、17時から19時にかけては、これからの予定についての打ち合わせやご参加の方の自由な話題もいただいての懇談を行っております。学習会だけの参加もできますし、引き続く懇談はその時々のホットな話題もでます。どうぞごお気軽にご参加ください。

日時: 2015年1月22日(木)15時から最長20時まで
場所: 北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)

<学習会>
「失われた森」(レイチェル・カーソン遺稿集、リンダ・リア編、古草秀子訳、集英社文庫)
 第3部 第28項「沈黙の春のための新しい章[1963]」
 解説担当 関根 達夫 さん

 全米女性記者クラブでの講演(昨年12月に学習)の翌月、52年前の1963年1月にカーソンは米国庭園協会の女性たちから招待を受け講演をしました。カーソンは、農業による被害に関する新しい情報を得て、講演にそれらの新情報を含めたそうです。講演は、「どれほど高度な文明を誇ろうと、生物に対して冷酷なふるまいをすれば、必ずや自らを損ない、文明国と呼ばれる権利を失う」というカーソンの道徳的信念を反映していました。

 この講演は、農業問題の政治的な側面に積極的取り組もうとする、レイチェル・カーソンの新しい段階の幕開けだったそうです。16ページと中身の濃い章です。関根さんの解説をわくわくして待っています。

<前回の学習例会報告> 2014年12月11日(木)
「失われた森」 第3部 第27項「全米女性記者クラブの講演[1962]」 解説担当 米道 博さん

1. リンダ・リアの解説
 ・ニューヨーカー誌3回連載とその後1冊の本とした出版の様子
 ・『沈黙の春』出版によるできごと
    ケネディ大統領が大統領科学諮問委員会に特別委員会を設置した。
    数州で農薬散布禁止法律を導入し、農薬会社が反論に躍起となった。
    カーソンの舌鋒が鋭さを増し、タイトルにある「全米女性記者クラブの講演」で頂点に達した。
    講演では独善的化学産業界、研究機関を批判した。

2. 批判に値しない批判
 ・農務局の担当者は『沈黙の春』を読まずに批判した。
 ・書かれてもいない内容にも反論した。
 ・都合よく内容を歪曲した。

3. 攻撃の手段
 ・当初、化学系新聞社の反応は穏健で、農業系出版関係者の一部は強く支持した。
 ・産業界は概して批判的だった。
 ・攻撃のパターン
    カーソンを「神秘宗教信者」などと毒舌や皮肉で、人間の信用を傷つけた。
    農薬について、いいかげんな安心感を吹きこんだ。

4. 『沈黙の春』への不正確な批判
 ・農薬による中毒事故は“きわめて稀”と不正確な記述と批判した。
 ・しかし、カーソンは巻末に55ページの註を付し、農薬の影響を読者自身で把握可能にしていた。
    情報源の明記と参考文献一覧の付記

5. 学会の意見とは
 ・学会の意見とは【科学の声】それとも【産業界の声】なのだろうか、一般の人々は“科学の声”と捉えていた。
 ・委員会は利害関係のある関連組織から送り込まれた委員で構成され、報告書は企業の情報担当者が一般大衆をなだめるような文章で書かれていた。

6. 科学知識をどう伝えるか
 ・多くの心ある科学者は所属する組織が“企業の隠れ蓑”になっていることに当惑していた。
 ・ソ連の遺伝子科学を誤った方向に導き崩壊させ、農業科学全体を害した“ルイセンコ学説”の二の舞になる恐れだってあった。
 ・科学知識をどう伝えるか・・・それはあなた方記者の責務と伝えた。

<お願い>
 幹事会では、昨年末から2015年5月21日(木)のレイチェル・カーソン生誕108年記念行事の準備を始めました。新年早々で大変恐縮ではありますが記念行事を成功させるために、会費納入をお願いいたします。なお、年度会費は1,000円です。寄付についても同様のご協力をお願いいたします。

<お知らせ>
 「レイチェル・カーソン北海道の会」の学習例会情報を札幌科学談話会ウェッブサイト「下学上達」で紹介していただいています。下学上達(かがくじょうたつ)は、札幌科学談話会が札幌近郊でのセミナー等を紹介しているウェッブサイトです。

 札幌科学談話会は、札幌市中央図書館、札幌市博物館活動センターの3者で構成するサイエンス・コンソーシアム札幌のメンバーです。3者がそれぞれの持ち味・施設の特徴を活かし、科学の最新の話題を「やさしく・深く・おもしろく」をモットーに「サイエンス・フォーラムinさっぽろ」を企画・運営しています。

「下学上達」は以下からご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/voyager20xx

レイチェル・カーソン北海道の会でもブログを公開しています。メーリングリストと合わせて見ていただくと幸いです。
http://gisjirou.blog.fc2.com
スポンサーサイト
  1. 2015/01/06(火) 10:56:00|
  2. 予定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会2015年2月26日(木) | ホーム | レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会のお誘い12/11 15:00>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gisjirou.blog.fc2.com/tb.php/81-06f75e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。