レイチェル・カーソン北海道の会

レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会2015年2月26日(木)

レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会のお誘いです。
 学習会は15時から17時の2時間程度です。また、17時から19時にかけては、これからの予定についての打ち合わせやご参加の方の自由な話題もいただいての懇談を行っております。学習会だけの参加もできますし、引き続く懇談はその時々のホットな話題もでます。どうぞごお気軽にご参加ください。


日時: 2015年2月26日(木)15時から最長20時まで
場所: 北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)


<学習会>
「失われた森」(レイチェル・カーソン遺稿集、リンダ・リア編、古草秀子訳、集英社文庫)
 第3部 第29項「ジョージ・クライル・ジュニアへの手紙[1963]」
 解説担当 岡部 賢二 さん


 レイチェルは体調がすぐれず、ガンの転移や狭心症などを心配して、主治医で友人のジョージ・クライルに手紙を書きました。クライルの妻ジェーンは、レイチェルと長年親交があり、数ヶ月前にレイチェルと同じ乳ガンでこの世を去っていました。
 私には、強い意志で大企業や化学産業界と闘ってきたレイチェルが書いたジョージ・クライルへの手紙には一人で悩む、体調不良への大きな不安が感じられました。
 いつも、岡部さんの学習資料は内容豊かです。プレッシャーをかけるわけではありませんが、楽しみにしています。


<前回の学習例会報告> 2015年1月22日(木)
「失われた森」 第3部 第28項「沈黙の春のための新しい章[1963]」 解説担当 関根 達夫さん


 52年前の1963年1月にカーソンは米国庭園協会の女性たちから招待を受け講演をしました。カーソンは、農業による被害に関する新しい情報を得て、講演にそれらの新情報を含めました。
 関根さんの発表を下記にまとめました。なお、関根さんの学習資料は、下記の宅ファイル便で2015年01月28日 16時41分までダウンロードが可能です。
https://free.filesend.to/filedn_infoindex?rp=44c2876e2b6fb3bd8cc2b808b979d05o


・どれほど高度な文明を誇ろうと、生物に対して冷酷なふるまいをすれば、必ずや自らを損ない、文明国と呼ばれる権利を失う「レーチェル・カーソンの道徳的信念」
・庭園協会の目的や志は、「生命のたゆみない流れを維持する」こと
・殺生物剤の使用を憂慮している人々と促進している人々との「主張の相違点」
・「殺生物剤に過度に依存している現状を非難する4つの根拠」
・一般の人々が農薬散布に関心を抱き不安を感じた「農薬をめぐる希望の兆し」
・環境中の毒物から市民を守るため「さまざまな市民グループが活発に活動」
・時がたてばという「業界誌の希望的観測には、思わず笑った」
・一般市民の姿勢に変化がでても「農薬散布の実態には変革の兆しはない」
・ゾウムシ駆除に非常に毒性の強いディルドリンが使われた「ヴァージニア州ノーフォークの事例」
・ツグミやチャイロツグミやマキバドリが全滅し、牧場の羊が死に、汚染されたマグサを食べた牛の乳からは毒が検出された「イリノイ州の事例」
・ロングアイランドの市民たちがマイマイガ駆除のDDT空中散布差し止めを求めた「DDT裁判」
・「農薬会社や業界関連(ー表向きは独立しているー)組織からの、大規模な宣伝活動に騙されるな」
・合成殺菌剤のヘキサクロロベンゼンで処理した種小麦による「トルコの中毒性ポルフィリン症」
・「食品医薬品局(FDA)が有害な種子の問題に関心」
・新たな法案が障害になり「一般大衆の利益を守る人々にとり、前途は多難」
・「専門的な組織と産業界、科学と産業界との相互関係が拡大しつつある」のは、専門的組織の意見は科学の声か
・「産業界から大学へ投じられる助成金が、金額、件数ともに増大」は、公平な視点に立脚した研究にに役立つのか


スポンサーサイト
  1. 2015/01/25(日) 18:21:02|
  2. 予定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会のお知らせ 2/26 15:00 | ホーム | レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会2015/01/22>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gisjirou.blog.fc2.com/tb.php/82-b07f4b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)