レイチェル・カーソン北海道の会

レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会のお知らせ(追加)4/23(木)15:00~

レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会のお知らせ
4/23(木)15:00~ 北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)

 学習会は15時から16時40分の2時間程度です。また、16時45分から19時は、総会とレイチェル・カーソン生誕108年記念の集いのパネル展準備の打ち合わせなどを行います。学習会だけの参加もできます。どうぞごお気軽にご参加ください。


日時: 2015年4月23日(木)15時から最長20時まで
場所: 北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目)


1. 学習会 15時〜16時40分
(1) 話題提供 15時〜16時
  テーマ  「健康な体を維持するために」
  講 師  吉田 武 さん(家庭栄養研究会 会員)


(2) 「失われた森」の学習 16時〜16時40分
  レイチェル・カーソン遺稿集、リンダ・リア編、古草秀子訳、集英社文庫
  第4部 第31項「ドロシー・フリーマンへの手紙[1963]
  解説担当 小島 尚三 さん


 2012年9月から始めた「失われた森」の学習がいよいよ最終章を迎えました。最終章は、レイチェルがメイン州サウスポートに別荘を建てから亡くなるまでの12年間にわったて交友の続いたドロシー・フリーマンに出した手紙です。ドロシーは、レイチェルが別荘を建てるというニュースを新聞で読んで、歓迎の手紙を書いたというのが交友の始まりだったようです。


 レイチェルとドロシーの別荘はご近所でしたが、レイチェルはワシントン郊外、ドロシーはボストン郊外に家があったために普段は文通をしていました。


 ドロシーへの最後の手紙は、翌年1964年の3月だったそうです。手紙は12年間で1,000通を越えるもので、単純計算だと1週間に1.6通にもなります(12×52=624週)。別荘に居るときは会えるので、その分を考えると随分と筆まめだったんですね。


 カーソンの追悼ミサで披露されたこの手紙、小島さんがどのようにまとめられるか楽しみです。


2. 総 会 16時45分〜17時15分
3. パネル展準備 17時30分〜19時

------------------------------------------
『レイチェル・カーソン生誕108年の集い』のお知らせ
------------------------------------------
 生誕108年、「沈黙の春」出版から53年の“この春”、レイチェル・カーソンが私たちに残してくれたものは、ますます重要になってきました。レイチェル・カーソンが伝えたかったこと。今を生きるヒントがそこにあるのかもしれません。どうぞお気軽にご参加ください。


【プログラム】
13:10~13:30 開会の挨拶       沼田 勇美(共同代表)
13:30~15:30 記念講演第1部      関口 裕士 氏(北海道新聞記者)
                  「原子力 負の遺産、その後~福島を見つめて」


15:30~16:30 パネルディスカッション 遺稿集『失われた森』の学習を通して学んだ1年間の成果
16:30~    「レイチェル・カーソンの歩んだ道」パネル展示と説明ならびに懇談


18:15~20:20 記念講演第2部      池中 良徳 氏(北海道大学大学院獣医学研究科准教授)
                  「環境汚染について」
20:20〜20:30 閉会の挨拶       近藤 務(共同代表)
スポンサーサイト
  1. 2015/04/16(木) 11:24:09|
  2. 予定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レイチェル・カーソン生誕108年の集い5月21日(木)13時から20時30分 | ホーム | レイチェル・カーソン北海道の会の学習例会4月23日(木)15時から>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gisjirou.blog.fc2.com/tb.php/86-d0bc235f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)